シーズヒーターで冬を乗り切ろう!

TOP > シーズヒーターについて > 強く丈夫で安全なシーズヒーター

強く丈夫で安全なシーズヒーター

 シーズヒーターは、ニクロム線が発熱体です。ニクロムの電熱線と絶縁性をもつ粉末とを金属の筒に組み込んでいるため、熱を発する部分がとても頑丈にできています。カーボンヒーターは、包んでいるのが石英管のために、衝撃や温度変化に弱く、割れてしまう危険性があります。その点、シーズヒーターは金属のさやですっぽり覆われているような構造なので、とても丈夫で壊れにくいのです。そもそも、シーズヒーターのネーミングは、英語でさやを意味するシースから来ています。つまり、さやに覆われた構造そのものが名前となっているわけですね。使われるうちに消耗される電熱線自体が密閉され、守られていることにより製品寿命が長めなのが特徴。普通に使っている分には、10年以上は保つと言われる所以です。万が一衝撃を受けても破損する心配もなく、倒してしまっても安全性は保たれます。遠赤外線を大量に放出し、暖かさを届ける範囲が広いのもメリット。遠赤外線は照射された物体を加熱するため、出力に比べて効果をより感じやすいのが魅力ですね。

 よく暖房器具で使われるのは、熱源に灯油やガスなどの燃料を必要とするタイプです。燃料は燃焼することで炎を起こし、火力により熱量を得ます。カロリーが高いので、調理に使ったり風呂を沸かしたり、寒冷地の住宅をまるごと暖房する場合などに適しています。ただ、ものを燃やす以上、一酸化炭素の発生に備えて換気や吸気が必須となります。暖めた空気を換気するのは室温を保つ観点からは避けたい行為ですが、危険を伴うため致し方ありません。そもそも燃料の供給が必須となるためコストがかかりますし、ガスも物質ですから消費されれば補給が必要です。電気ヒーターの利点は、燃焼ではなく電気を熱に変換することで、少量の電気を供給できれば災害時でも使える利点があります。シーズヒーターは遠赤外線の放出量が多く、より効率的に暖かさを得ることが出来ます。コストパフォーマンスも高いので、電気代の節約を考えてもシーズヒーターには利点があるでしょう。

 シーズヒーターを選ぶなら、やはり熱効率が良いものがベストです。わかりやすい例で言えば、表面積が広いものは高い熱効率が期待できます。他にはいかに長い製品寿命を持つかが重要で、半導体ヒーターなどは発熱線が酸化しにくく、寿命が長いと言われています。環境によっては耐腐食性にも注目すると良いでしょう。企業やオフィスビルに導入する際にも、シーズヒーターは高いコストパフォーマンスが期待されています。最近では温度の段階コントロール機能がついたり、首振り機能や高さ調整機能などがついている製品もあります。室温を感知して出力を自動でコントロールする機能が搭載されているものもあり、より消費電力を抑える工夫もありますね。もともと安全性は高いですが、タイマーで自動的に電源が切れる機能や、転倒時のOFF機能などもあります。どんな家庭でもどんな建物でも、シーズヒーターは有効に働いてくれるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る