シーズヒーターで冬を乗り切ろう!

TOP > シーズヒーターについて > シーズヒーターの特性を理解して部屋を暖めよう

シーズヒーターの特性を理解して部屋を暖めよう

 暖房器具の中に電気ストーブと総称される物があります。電気ストーブは発熱体から遠赤外線で暖めます。特徴は遠赤外線に当たった人だけ暖めるスポット暖房に向いており、なおかつ本体価格がお手頃価格であり、暖まるスピードが早いことがメリットとされてきました。しかし、あくまでもスポット暖房に向いた機器なので部屋全体を暖める用途に向かないことがデメリットとされていました。ただ、遠赤外線を使用する電気ストーブは、発熱体を利用した暖房器具なので空気を汚さずクリーンで使い勝手が良い暖房器具として、様々な種類の物が販売されてきました。石英管に入れたニクロム線で発熱するニクロム線電気ストーブからハロゲンヒーター、カーボンヒーターと種類がありますが、これらは暖まる時間は短いが部屋全体でなくスポット暖房に使用される暖房器具になります。もっとも暖房効果の高い物がシーズヒーターになります。

 暖房器具がスイッチを押してから暖まる時間がかかることがデメリットになります。ですが、シーズヒーターは前述の電気ストーブと違い耐久性に優れ遠赤外線の放出量も最大になります。部屋を暖める効果は抜群の高さを誇ります。シーズヒーターの発熱体の耐久性が高く、エネルギー効率も高いので電気代も低く抑えられます。ただし、本体価格は他の電気ストーブと違い価格が高くなります。しかし、本体価格が高くても長く使うことができます。そして電気代を低く抑えることもできるので結果コストパフォーマンスが高く満足感は高い物になっていきます。しかし、部屋全体を暖めるパワーはファンヒーターやオイルヒーターに比べて弱い物です。そこで、他の暖房器具と併用し、エアコンやファンヒーターやオイルヒーターが暖めるまでの時間をシーズヒーターで暖めるようにする使い方が、効果的な方法ではないでしょうか。そして、エアコンやファンヒーターやオイルヒーターの熱気が部屋に行き渡り始めたら、シーズヒーターのスイッチを切れば電気代も抑えることができます。

 エアコンをすぐに設置することができなくても、暖房器具の特性を理解し併用すれば冬の寒さを凌ぐことが可能です。また、日本固有の暖房器具であるこたつを使えば足を暖めることもできます。そして、背中にシーズヒーターを置けば背中を暖められます。そこへオイルヒーターを併用すれば部屋中を暖めることができ、寒く感じる時間を少なくした上で暖まることができます。しかし、シーズヒーター単品で使えば遠赤外線を自分に当てれば暖まりますが、部屋全体を暖めることができず、こたつのように足を確実に暖めることもできず、結果として体調を崩す原因になってしまいます。しかし、冷えた部屋を急激に暖めると血圧が急上昇し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まり、深刻な事態を迎えることになります。だからこそ、暖房器具を併用し、快適な生活を過ごして春を迎えましょう

次の記事へ

TOPへ戻る