北海道の結婚式は会費制が多い

北海道で挙式する場合は、会費制であげるのが一般的です。もちろん普通にご祝儀をあげる場合もありますが、合理性や相手の負担のことを考えてそういう形式をとる家も多いようです。会費制のいいところは、招待客からもらう額が一律になる点です。今後お返しする事を考えると、あまり多額のご祝儀をもらうことはかえって負担になりかねません。会費制ならこちらが金額を設定してその分しかもらわないので、招待客の負担も最小限に抑えることも可能です。またご祝儀をバラバラの金額でもらうことは集計の際とても計算が面倒になりますが、一律なら計算も楽で挙式後の忙しい時期に無駄な時間をとられなくてすむので結果的にお得です。結婚式ではご祝儀に悩まされることも多いので、こういった形式で結婚式を上げるのは喜ばれるはずです。北海道ではこのようなタイプの挙式を上げるカップルが多いので、これから行うという場合は参考にしてみてはどうでしょうか。



北海道の結婚式を考える



北海道の結婚式は、かなり合理的な形になっています。まずは、出席者は会費を払って参加する会費制になっています。教会風の式場では、式から参加することも可能ですが、一般の式場で行う場合には、祝賀会にだけ出席することになることになります。会費、今ではおおよそ15000円と言う所が多いのではないでしょうか。いくらと言う決まりがなく、その式にかかる金額に応じて会費の金額も変わって来るようです。この祝賀会を取り仕切るのが、発起人と言う人たちで、新郎新婦の仲間たちがボランティアで引き受けることになることが多いと言われます。この発起人たちが、式の案内状を発送したり、席順を決めたりと式の準備を全て行うのでした。会費制ですから、たくさんに人を集めることで、会費を浮かし、新婚旅行代を作ると言う発起人もいると言われます。



北海道での結婚式には旅行も兼ねて行きたいものです



6月に結婚式を挙げられる方には、ジューンブライドと言って、大変人気があったようです。そして、他のたとえには、雨降って地固まるなどと、縁起を担いだ言い回しもしていたようです。でも、ラブラブの新郎新婦にとっては、しとしとと降る雨も、全く気にならないと考えますが、招かれる参列者にとりましては、足元の悪い中にもかかわらず、ドレスアップして、髪の毛も美容院でセットをしてもらい、そして出掛けて行くのは、大変な事な事ではないかと感じます。でも、北海道で結婚式を挙げる場合には、良いかも知れないと感じます。北海道には、嫌な梅雨が無いと耳にしています。そして、北海道出身の人に伺った事があるのですが、挙式のスタイルが、会員制になっており、お祝い金も、一律になっているそうです。何より、旅行も兼ねて行けるようであれば、願ったり叶ったりだと考えます。