初めて訪れる人にもおすすめの石垣島ツアーの共通点

東京から飛行機で約3時間、沖縄県の石垣島に行く事が出来ます。最近は島への直行便が増えたので従来のように那覇空港で乗り換える必要がなくなり、アクセスが良くなっているのもツアーの魅力ではないでしょうか。那覇で乗り換えを行う場合には、数時間のタイムロスが出て来るため、島の滞在時間が短くなります。島には訪れてみたい観光スポットが多数あるので直行便を使えば満足出来る旅を楽しめるわけです。何度か訪れた人にとっては慣れている観光スポットも初めての人にとっては新鮮なものであり、一度は訪れておきたいスポットを把握しておくと良いでしょう。訪れて見たい場所を決めたあとは、企画内容を比較して自分達に合うプランを用意しているものを選ぶ、オプションにはどのようなプランがあるのかを比較しておくと、より楽しい旅行が出来ます。

人気観光スポットを巡るプランが用意してある

石垣島ツアーの多くが川平湾への観光が取り入れられているのが特徴です。川平湾は島の北西部にある入り江で、エメラルドブルーの海の中には大小様々な島々が浮かび、水中を観察する事が出来るグラスボートなどが湾内をゆっくりと走る光景を目にする事が出来る人気スポットの一つです。海岸から海を眺めるのにも最適ですし、デジタルカメラや携帯電話のカメラを使って写真を撮影、それをメールで友達などに送信すれば景色を多くの人々に伝える事が出来ますし、川平湾の中を周遊するグラスボートに乗船すれば透明度の高い海の中をガラス越しに観察が出来る、水中には色とりどりの魚達が泳ぎ回る景色を楽しめます。さらに、川平湾は夕日の絶景ポイントとしても人気が高くなっており、夕刻にこの地に訪れるプランもお勧めです。

観光だけではない魅力がオプションに用意してあります

川平湾を初め、島の最北端に位置する平久保崎灯台、鍾乳洞などは人気観光スポットですが、石垣島には最北端に位置する平久保半島の中を流れる「吹通川」があります。この川はマングローブ林が広がり、様々な動植物が生息しています。ツアーの中にはカヌーで「吹通川」を下るオプションプラン、トレッキングで川を遡上するプランなどが用意してあり、熱帯地方特有のジャングル体験を楽しむ事が出来ます。石垣島は島の周囲がサンゴ礁で囲まれたエリア、サンゴ礁の中には色とりどりの魚達が泳ぎまわり、体験ダイビングを利用すれば水中散歩を楽しむ事が出来ますし、餌付けなども体験出来るなどの魅力もあります。体験ダイビングもツアーオプションで用意してありますし、気軽に楽しめるシュノーケリングが企画に盛り込まれているプランもあります。